文字サイズ
  • 標準
  • 特大

佐賀大学医学部
看護学教育研究支援センター

看護学教育研究支援センターとは

お知らせ・ご報告

ご挨拶

佐賀大学医学部附属看護学教育研究支援センター
センター長・看護学科長 長家智子
佐賀大学医学部看護学科は、これまでも地域の看護の質の向上に寄与し、地域医療に貢献してきました。 しかし、地域医療の向上のためには、様々なレベルにある地域の看護職者のニーズに合わせた体系的な看護学の生涯教育環境を整え、地域の看護職全体の質の向上が必要と考え、平成26年4月に看護学教育研究支援センター(以下、センターと略す)を設立しました。
センターでは、教育・研究・実践の支援や人事交流の支援、国際交流・国際看護活勣支援を行うことを業務としています。様々なプログラムを準備しておりますので、興味・関心のある方は、センターへ連絡して下さい。
多くの方に利用していただくことを願っています。

センター開設の背景と目的

背 景
佐賀大学医学部看護学科は、佐賀県内唯一の看護系大学・大学院として高度な看護専門職者を育成し、地域における看護の質の向上に寄与することにより地域医療に貢献してきました。
近年の更なる医療の高度化や専門化などの時代のニーズに応え、地域が求める医療ニーズに十分に応えられるように、地域の看護職の質の向上を目指した効果的な看護学の卒前・卒後継続教育や看護研究を支援する中心的な機関が地域に必要となっています。
目 的
センターは、地域の看護職者に、教育・研究・実践の支援や人事交流の支援、また国際交流や国際看護活勤支援を行うことにより、看護学科教員、附属病院看護師、地域の病院・教育機関・行政機関等で働く看護職者の教育・指導能力、研究能力、臨床実践能力、マネジメント能力等を高めるとともに、キャリア向上を図り、地域の看護学の発展ひいては地域医療に貢献することを目的とします。